2011年12月12日

神戸にひっそりと佇む貴石 「MID-NIGHT SUN」


 「サンドロップ・ダイヤモンド」

相変わらず更新が滞っており、申し訳ございません。

まずはオークションでの話題をひとつ。

少し前の話題ですが、先月、サザビーズで「サンドロップ」と名付けられた世界最大のイエローダイヤ(110.03カラット)が、同種のなかで過去最高の金額で落札され話題になりましたね。
推定落札額の範囲内でしたが、予測されていた金額よりは低かったようです。
(原石は、昨年、南アフリカで発見された)

http://youtu.be/aoPpYsp_wH8

ロンドン自然史博物館で一般公開されていたペアシェイプ(ティアドロップ)の美しいイエローダイヤ。私はイエロー系の石が好きなので、とても魅力を感じます。

ファンシービビッドイエローのカラーで、クラリティーは「VVS-1」です。
一度見てみたいものですね。






「異人館に眠るビッグトパーズ」


先日、神戸・北野の「異人館」に行ってきました。

異人館は以前にも訪れたことがあり、今回は以前回りきれなかった所を見てくることがひとつの目的でしたが、その中で最大の目玉であったのは、「プラトン装飾美術館(イタリア館)」です。

訪れると中には何気なく 「ルソー」「コロー」「藤田 嗣治(レオナール・フジタ)」「ミレー」等、その他の貴重な絵画が飾られていました。

P1050003.JPG
P1050026.JPG




「テオドール・ルソー」「ジャン・F・ミレー」
クリックすると大きな画像でみれます



他にも、家具・銀器・食器・彫刻等の素晴らしい作品の数々。
「異人館」の中でもかなりお薦めの館のひとつです。


その「プラトン装飾美術館」の地下にあるレストランで(南庭テラスにあるカフェとは違います)、運良く予約なしで家族でランチを楽しむことができました。

ワインセラーの手前にある小さな部屋で、大きな200年前程のテーブル・椅子が一セットの席で、美術品等を眺めながら、ほぼ独占?で食事ができます!

なんと、「ロダンの彫刻」や「小磯良平のデッサン(リトですが)」、「王冠」、「大理石の中でも貴重で珍しい価値のある石材を使った彫刻」、「超高価であろう年代物のワイン(ワインは詳しくないので、どれほど凄いのか分かりませんが…)」等に囲まれながらのお食事です。

たまたまその時間帯に予約が入っておらずラッキーでした。装飾美術館と名前がついているとはいえ異人館ですので、普通の美術館ではちょっとあり得ない独特のものですね。


私は絵画も好きで特に日本画を好み、たまに美術館等の美術展を観に行きますが、この部屋に飾られていた、「鴨居 玲」の画にとても魅力を感じました。


P1050046.JPG
P1050043.JPG
「ロダン」「小磯良平」クリックすると大きな画像でみれます
(ガラスに反射するので、斜めから撮っています)





また、この館には他の美術館が喉から手が出るほど欲しがる美術品が目白押しだそうで、展示されていない貴重な作品がまだあるそうです。

そして、その中にとても大きなトパーズの宝石が佇んでいました。
重さは実に「2,005カラット!」だそうで、「真夜中の太陽(THE MID-NIGHT SUN)」と名が付いていました。

追記: この異人館に展示されているトパーズは、以前の記事にも記した、ポルトガルの王冠に飾られている有名な「ブラガンザ・トパーズ」より大きなトパーズです!!


P1050037.JPG
P1050039.JPG
「真夜中の太陽」クリックすると大きな画像でみれます
(写真が上手く撮れませんでした)




狭い部屋だから?なのか、そのような大変貴重な美術品・装飾品が、なにか無造作に置かれていたことに驚きました。
美術品等にそれほど興味や知識がない人は、まさかそのような貴重品が置かれていることにも気付かないのではないかと思えるほど、無造作な置き方(展示の仕方)でした(笑)

実際、そこは食事の場所兼展示室でもあるので、私達がランチを楽しんでいる間にも他のお客さんが何組か訪れていましたが、その中でロダンの彫刻に気付いた人はいませんでした!
単に古そうな彫刻が置かれているとしか思っていなかったようです。

しかし、トパーズには誰もが関心をもったようで、皆さんが珍しそうに仲間と会話をしながら眺めていました。
その貴重なトパーズも他の貴重品と同じく、無造作に隅の方に展示されていましたが、この館にそのような大きく貴重なトパーズがあるとは私は全然知らなかったので嬉しい驚きでした。

皆さんも機会があればぜひ訪れてみて下さい。


また、シーズンなので「神戸ルミナリエ」にも行ってきました。

P1040947.JPG
「ルミナリエ電飾」クリックすると大きな画像でみれます



光の電飾の美しさは、もちろん見事で綺麗でしたが、終点の公園?にある電飾のワイヤーの量には驚きました。大変な作業だったでしょうね。

P1040976.JPG
「張り巡らされたワイヤー群」クリックすると大きな画像でみれます



神戸には何か他の地域にはないものを感じます。すべての印象が心地よく、大好きな街のひとつです。
この街には、個々の能力と責任で物事を対処して行く社会、「世知辛さ」のない古きよき時代のなごりがまだ少し残っているように思います。
posted by マーキス at 20:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。