2011年05月08日

廃炉こそ使命

「首相の原発停止要請」

菅総理大臣が浜岡原発にある全原子炉を停止するよう中部電力に要請しました。
東海地震の想定震源域のほぼ中心にあるとされる浜岡原発の停止はやむを得ないことです。


その影響の大きさから様々な意見が交差しています。「唐突な決断」「経済の影響」「諸外国への影響」等など。
しかし、経済等云々などと言っているレベルの話ではありません。

様々な社会的な運営施設や物造り、人々の生活においての様々なシステム等は、あらゆる法的・公的、あるいは私設の基準を設け、それを担保にして、それでも補えない分を保険や、半強制と自主的な積み立て等でカバーにして運営されています。

このような事を基準とした考えで、原発の運営や原発の施設の建造とその点検等は社会のシステム上の基になされ、それを無視した要請は経済損失等を含め、おかしいのではないかとの意見も根強くあるようです。

そのような考えの人とは、話しが平行線になることが常です。

物事というのはすべてを杓子定規では計れません。通常の物事、並びマニュアル的には上記の意見は間違っていないのかも知れませんが、原発が福島を超える制御不能に陥り皆が死んでしまっても、そのような「通常の」社会システムのことを語り続けるのでしょうか?
社会のシステム・社会の考え方、諸外国への影響、そして経済のことも生きていればこその話です。

私は、電力の供給がされず電気が止まっても、経済がメチャクチャになり失業しても、草の根かじってでも生きのびるほうを選びます。

社会システムや経済のほうが生きることより大事な人とは共倒れする気はありません。


「東海・東南海・南海地震」がいつ襲ってくるか、襲ってくるとすればその規模はどれくらいなのか、その地震の性質は直下型の揺れそのものが物凄いものなのか、横揺れのみなのか、津波を伴ったものなのか、震源地は予想した範囲なのか、ずれてくるのか… 自然の驚異は誰も予測できません。

襲ってくるのは、100年後かもしれませんし、1ヵ月後かもしれない。

反対する人は、「すぐには大地震が襲ってくることはない」「福島のような大災害は起きない」という希望的観測が前提にないと言えない意見のはずです。
その姿勢が東電のような体質を生んだのではないか。

福島の大災害を教訓として、皆が原発の危険さを再認識しました。
もっと大きな不幸が訪れないよう中部電力は要請を受け入れるべきです。

原子炉が止まれば、経済的な事を中心とした大きな不都合とそれに伴う大きな犠牲が生じます。
しかし、止めるリスクより逆であった場合の被害の方がはるかに甚大だから止める話をしているのです。

原発を停止する代わりに、政府は他のエネルギー開発、並びに他の発電施設の運営のための援助をする義務があるでしょう。
また、電力会社も自らの犠牲をいとわない努力が必要です。

そして、もちろん企業・国民にも覚悟が必要となります。

また、停止しただけではその危険性がなくなるわけではないのは、「フクシマ」が教えてくれています。
「廃炉」を前提とした方向に世論も政治も向かわなければなりません。

今、この時期の大きな改革のための行動が、未来の子供達から託された現代の大人たちの使命なのです。





「Holy Mission」 ビンラディン急襲に関して


ビンラディン殺害に関するその後の報道を読むと、どうも想像通りの存在の抹殺ありきの作戦だったようです…

銃撃戦というのは明らかに誇張された発表だったようで、ビンラディン及びそこにいた家族たちは抵抗したとはいえ武器を持っていなかったようです。
戦闘のプロ達が武器を持たない非戦闘員を殺害することなく制圧することはわけのないことだったはずで、アメリカ政府の弁明にはあまりに無理があり過ぎ、非常にきな臭さを感じます。


この作戦と結果は、「9・11事件」の犠牲者並びに遺族を愚弄・冒涜する裏切り行為であり、絶対に許されるものではありません。

オバマ大統領は、「正義はなされた」と声明を発表しましたが、冗談ではありません。
正義を貫くならば、容疑者を司法の場に連れて行き、犠牲者の前で裁判で裁かれるべきです。

あの作戦の遂行者達は、「9・11」の犠牲者、犠牲者の遺族、テロの犠牲者、すべての人々を代表して託されていた者達だったはずです。自分達の都合だけで判断してよい相手ではありません。勝手な行動が許されるはずはない。
捕らえることが出来たはずなのに…

この事件に関しては、日本人の犠牲者の遺族の方のほうがアメリカ人より的確な指摘をしていましたね。


イスラエルが、ユダヤ人虐殺の指揮を取ったSS将校「アドルフ・アイヒマン」を捕らえたときとあまりに対照的です。
(アイヒマン: ナチ政権による、ユダヤ人を絶滅収容所へ移送して絶滅させる「ユダヤ人問題の最終解決」の任務を遂行した)

あの時、そのオペレーションに携わったすべての者達は、溢れる怒りと憎しみを抑え、殺害の欲望にとらわれながらも誰もアイヒマンには手を出しませんでした。

作戦にたずさわった者達のなかには、愛する家族に対してナチが行なった壮絶な悪夢、無残に殺される家族の姿や泣き叫び収容所に連れ去られる姿を目の前で目撃し、言葉では表せない悲惨な経験した人達も沢山いたのです。

しかし、彼ら・彼女らは自分を必死で抑え我慢しました。
誰もが「聖なる任務」だと自覚していたからです。


アメリカ政府の行動と判断はあまりに軽すぎると言わざるを得ない。
これでテロがなくなるわけがありませんし、憎しみの連鎖は続きます。

戦いを欲しているのか?そこに軍産複合体の影はないのか?
就任当時の大統領の言動と今回の行動とは乖離があります。
アメリカの真意を知りたい。
posted by マーキス at 16:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/199913237
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。