2010年07月11日

揺れ動く重い1票 「日本の選択」

《閑話休題》
「試される国民の判断」

歴史的政権交代後の国政選挙。国民は発足して短い「菅政権」にどんな審判を下すのでしょうか?

厳しい財政状況と膨らむ長期債務のなかで、菅首相が消費税増税を掲げたのは当然でしょう。

しかし、その使い道となるはずの社会保障に対する議論は深まることはありませんでしたし、時間もありませんでした。

特に、高すぎる法人税率。そして間接税は増税するにしても、直接税ともいえる確定申告時の「消費税・地方消費税」に対する緩和がなければ、デフレに苦しむ企業、特に零細企業はひとたまりもありません。

国民の理解を得るためには、日本経済を牽引する企業の成長戦略、社会保障、超高齢化社会に突入するに当たっての国民への具体的且つ丁寧な説明が必要です。

具体的な戦略・政策なしでは、歴史的政権交代で多くの期待を持っていた民主党への更なる期待と理解は国民から得られないでしょう。


「消費税増税」。それはあまりに遅すぎた提案と政策であり、自民党が棚上げし続けていたものです。

現在の経済状況を作ってきたのは、長い間政権を握っていた自民党です。
その責任はあまりに大きい。そして、その言葉では済まされないほど罪は深い。
財政・少子化・高齢化。全てを棚上げにし、次世代にツケを廻して来たのです。

政権の長い経験のある自民党は、他の政党より長けている部分は当然あるでしょうが、その利を生かし、且つ大きく変わる・変える意思を持たなければ、この政党も国民の理解は得られないはずです。


海外の各国々は、基本的には政権の変動は望んではいません。不安定なままの政権基盤では、日本への不安感・失望感が増すだけでしょう。
今、国民が一体とならなければ、G20で屈辱的な扱いを受けた以上の日本に対する信用と期待が薄れることは必至。

日本に対する投資の停滞がさらに増し、企業も失速しかねない。

日本に多大な影響を与えるアメリカの経済界は、旧政治システム及び旧KGBの影が色濃く残るプーチンよりもロシアのメドベージェフ大統領政権への積極的な関与と支持。
また、オバマ大統領は50億ドルの減税措置の要請を明らかにしています。

苦しい深刻な経済危機のなかでも、アメリカには何か希望がありますし、ダイナミズムがあります。


参院選に関してはあまり偏った意見とならぬよう、多くの記述は避けます。

ただ、政治家と政治を見れば国民のレベルが分かるし、国民を見れば政治・政治家のレベルが分かる。
これは真理です。

今の政治を創ったのは日本国民自身なのです。風潮に惑わされない熟慮した1票が必要です。
posted by マーキス at 15:02| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
梅 雨は ジメジメ して嫌ですね・・・
はじめまして、ホテル で働いている者です。
す ごく ステキ で 興味 深い blog ですね。
シーサーの ranking サイトで 貴方の ブログを発見しました!
旅 行の 予定 はありますか?
私は FC2で 下記の 旅行ブログを 書いてます。
http://tavivitoblog62.zz.tc/fc2com

★ぜひ私のブログと 相互リンクしませんか?
リンク仲間と共にアフィリやアクセスアップにも力を注いでます。
ブログジャンルは問いません。よろしくお願いします。こちらにメール下さい。
plazarakutenhotelman■livedoor.com
※■を@に変えて下さい。
(URLとブログ名を必ず明記して下さいね)
ではまた来ます。応援ポチ凸完了です〜
Posted by ★ホ テ ル のフ ロン トで 働 い て る 者 at 2010年07月12日 07:11
コメント有り難うございます。
旅行いいですね!現在大きな予定はありませんが、色んなところに旅してみたいです!
あと、全国の神社仏閣をのんびり観て周りたいのがひとつの夢?です。
相互リンク歓迎します。またメールで御連絡させていただきます。

追伸:貴殿がオススメしている「ヴォルテール」の考えは私も共感できるところがあります。啓蒙思想の代表的な人物ですね!
Posted by マーキス at 2010年07月16日 12:45
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/156042818
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。